耐病黄芯50日「タイニーシュシュ®」 サカタのタネ


価格:
販売価格¥410

説明

特徴

耐暑、耐雨性に非常に優れ、生理障害に強く作りやすい極早生品種です。葉には口当たりを悪くする毛がなく、葉肉が厚くて肉質も柔らかくおいしいです。浅漬けや鍋物はもちろん、サラダでも。

栽培環境

植え付けの2週間以上前までに、苦土石灰を全面に散布し深く耕します。その後、1週間前には堆肥と元肥を施して耕し、畝を立てます。

タネまき~植え付け

タネまき用セルトレーでは、2~3粒まきし、本葉2~3枚で1本立ちにします。本葉3~4枚になったら植え付けます。ポットでは、5~6粒まきし、本葉が2~3枚で1本立ちにします。本葉5~6枚になったら植え付けます。どちらの場合も、畝間60cm、株間25cmで植え付けます。

管理のポイント

追肥の1回目は1本立ちに間引いたあと、1㎡当たり一握り(約50g)ほどの化成肥料を株の周りにばらまきます。そして、株がぐらつかないように株元に軽く土寄せします。この後、2週間置きに一握りを合計2~3回施し、除草も兼ねて軽く土寄せします。

収穫・保存・利用

タネまき後50~60日前後で収穫できます。頭を押さえて固くなっていれば収穫の適期です。45日前後で草丈30cm程度の結球始めで収穫してもサラダなどでおいしく食べられます。

病害虫・生理障害

水不足は生理障害や不結球の原因となりますので水やりはしっかり行ないます。軟腐病にかかると防除は困難です。ハクサイだけでなくキャベツ、ダイコンなどのアブラナ科作物の連作は避けます。ヨトウムシやアオムシに食害されるとそこから病原菌が入るので駆除を徹底します。

栽培暦

 

おすすめ商品

最近閲覧した商品