キュウリの仕立て方 すくすく一口メモ

キュウリのつるは旺盛に伸びるほど良果、多収となります。

しかし、茂りすぎると着果は多くても,不着果がたくさん発生します。

元気な枝を程よい茂りに保つには、子づる、孫づるを適当に摘心しなければなりません。

 

 

主枝/本仕立て

主枝は、手が届く高さで摘心します。側枝は最下部5~6節はすべて取り除き、そこから上部は子づる、孫づるとも2芽(2節)を残して摘心します。

仕立て方に加えて大切なことは、古くなり固くなった葉は摘葉して、光を取り込み風通しをよくすること、

後半に水と肥料を十分与えることです。

こうすることで曲がりキュウリや病気を防ぐことができます。

 

すくすく一口メモキュウリ

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます

おすすめ商品

スターナ水和剤スターナ水和剤
スターナ水和剤
販売価格¥960〜
農業用たび(田植たび)農業用たび(田植たび)
農業用たび(田植たび)
販売価格¥1,620