ネバネバがおいしいオクラ すくすく一口メモ

独特のヌメリはムチンやペクチンといった成分で、

消化を助ける働きがあり、夏バテ予防にも効果があると言われています。

 

〇水やり・肥培管理  

乾燥に強いオクラはなかなかしおれないため、水分が不足しがちです。

水分不足は生育遅れや奇形果を引き起こすので、

開花後はこまめな水やりを心がけましょう! 

 

追肥は1~2果収穫後から月2回程度肥切れを起こさないように施し、

特に7~8月の収穫最盛期は注意します。

 オクラ

〇摘葉   

摘葉を怠ると光線不足となり、病害虫発生や品質低下を助長します。

収穫節直下の葉を2枚残し、下の葉を摘葉しましょう。

 

摘葉

 

〇イボ果の防止  

オクラの、さや表面に硬く小さなイボが生じることがありますが、生理障害によるもので、食べても問題ありません。

発生しやすい条件は、肥料切れ、多肥、乾燥、日照不足などです。

対策としては追肥や水やり、摘葉を適切に行う事です。

オクラ花

すくすく一口メモオクラ野菜苗

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます

おすすめ商品

スターナ水和剤スターナ水和剤
スターナ水和剤
販売価格¥960〜
農業用たび(田植たび)農業用たび(田植たび)
農業用たび(田植たび)
販売価格¥1,620